« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

ホイルメンテナンス

Img_4978シマノハブは、カップアンドコーン式のシステムをとっており、ベアリング球のグリスアップが容易にできるのですが、玉当たり調整が難しく、定期的メンテナンスを怠ると、画像のように悲惨な状態に・・・ 手で持ってホイルを回すと、ゴリゴリと嫌な感触が伝わってきます。 厄介なのがハブボディーの球受けに傷が入ってしまった場合です。ベアリング球と球押しは、部品が出ているのに、ハブボディーに圧入されている球受けは部品がありません(TT)ハブ交換となってしまいます。
しかもXTRフロントホイルWH-M965F、ハブのみの部品番号が掲載されていないではないですか・・・
パーツカタログには載っていなかったのですが、リムのみの部品は販売されており以前入手できました。なので、だめもとで、シマノお客様相談室へ電話!「WH-M965Fのハブの球受けの部品のみ販売されていないでしょうか?」「販売しておりません。」即答でした・・・残念です。右球受けのみ錆びて傷だらけだったので、とりあえず球受けを外してみました。で、倉庫の部品どりのハブを物色・・・見た目外径が同じのハブを発見!しかも片側傷なし状態!取り外してXTRハブへ圧入!やりました!入りました!ベアリング球を入れ玉当たり調整をして、ホイルを回転させてみると、スムーズに回ります。嫌なゴリゴリ感はなくなりました。どおやら成功したみたいです(^^)XTRハブではない球受けを使用したため軸長が数ミリ短くなったので、スペーサーで調整し、ホイルセンターを出して修理完了でした。
ハブ交換せずに、修理できたので良かったです。
お客様も喜んでくれるかな?
カップアンドコーン式は、使用するグリスの粘度、玉当たり調整次第では、よく回るホイルになるのですが、調整、メンテナンスが大変です。メンテ好きの方にはオススメしますが・・・
個人的には、シールドベアリングを使用したホイルが好みです。メンテも調整も楽なので。。。f(^^)

良く売れているマビックのホイルは、シールドベアリングを使用しておりますが、回りがいまいちです。これは、使用されているベアリング自体の抵抗が大きいのが原因です。抵抗の少ない精度の良いベアリングに交換すれば、よく回るホイルに変身します。
マビックホイル!メンテナンスも簡単!補修パーツの入手も容易!そしてカッコイイ!オススメですよ!
マビックホイルに多くみられるチェーンの付き回り(メンテナンススタンドでバイクを立ててクランクを回して手を離す。で、フリーがカチカチならずにフリーと一緒にクランクがくるくる回る状態)ですが、簡単に直す事ができますので、挑戦してみては?(※マビックオイルが必要です。粘度の高いグリス等を使用するとフリーの爪がかからない事があったりします。ラチェット音を消したい人は、粘度の低いグリスをたっぷり塗布すれば消えますよ。)

Img_4985まず左のキャップを外します。
たまに、Oリングが固着して手で外せない場合がありますので、その時は、ハブ軸右側に5mmのアーレンキーを差込みハブ軸を固定、プライヤーでキャップを回してやると外れます。この時、傷つき防止のためプライヤーとキャップの間に厚めのウエスを挟むと良いです。

Img_4986

左側に10mm右側に5mmのアーレンキーを差込み緩めます。
両側とも正ネジなので、時計の針の反対まわしです(^^)    

Img_4987右側のボルトを外したら、フリーボディーが外れますので、そーっとハブ本体から引き抜きます。この時、ラチェットの爪や、フリーボディーとハブ本体の間に入っているワッシャーを落としてしまう事がありますので、注意してください。

Img_4989マビックオイルを注入して、ばらした逆の手順で組み付けたら終了です。
慣れたら簡単ですよ!

|

2006年9月29日 (金)

KNOG LIGHTS

Img_5015高性能LEDを搭載した、シングル&5LEDライト!
パテント構造のデザイン!高い防水性とシンプルな構造でアタッチメントや工具を必要としません。
シリコン製ボディを採用し、あらゆる場所に簡単に取り付けできます。



Img_5014 Img_5013 Img_5012 Img_5011 Img_5010

|

POLAR BOTTLE

Img_5000_1
大量入荷してます。

|

CAAD9・3

Img_5003フレームサイズ:52 価格:¥218000
CAAD9:キャノンデール・アドバンスド・アルミニウムデザイン
キャノンデールの魂といえる考え方であり、世界最高のアルミニウムフレームを製造するキャノンデールが最も重要で最も基本とする技術です。

新型CAAD9フレーム
トップチューブのヘッドチューブとの接合部は径をより大きく、そしてダウンチューブ、シートチューブのボトムブラケットとの接合部の径も大きくなっています。もちろん径が大きくなった分アルミは肉薄に!重量を増やさず大幅に対ねじれ剛性をアップしました。
キャノンデールCAAD9は、アメリカの自転車専門誌「VELO NEWS」の剛性比較テストで、No1に輝きました。

|

07’カタログ入荷

トレック・レモン・フィッシャーのカタログが入荷しました。
無料配布しておりますので、ご自由にお持ち帰りください。

|

コスミックカーボンプロ

Img_5007 入荷しました。

|

2006年9月27日 (水)

鹿屋から~

Img_4976ようこそ~うなにマン&金Noくん!
自走で往復も彼らには、へっちゃらのようです。。。
ユニホーム姿は、更にカッコイイ~~~ですね~~~
サイスポ10月号で、鹿屋体育大学の三滝選手、片山選手が出場したアンダー23ヨーロッパ遠征レポートが、P114~P117に掲載されてます。
チェックしてみてください。フランスでナショナルチームの一員として参加した鹿屋体育大学の中島選手や女子の萩原選手も掲載されてます。
鹿屋体育大学自転車競技部!今後の活躍にも期待!応援してます!ガンバレ~~~

|

2006年9月25日 (月)

遠路はるばる

Img_4974_1香川県よりお越しいただきました。
お土産までいただきまして、恐縮です。。。
06’FILLMOREあちこちで、探されたようですが、当店にしか在庫がなかったようでして・・・
バイク代+交通費がかかるので、申し訳ない限りだったのですが、スポーツ車は対面販売のみとしておりますので・・・
ご理解いただき喜んで、お帰りになられたので、良かったです(^^)
渡辺様、本当にありがとうございました。

|

2006年9月24日 (日)

ぐっさん王滝完走おめでとう!

Img_4970スタート直後に、転倒してリアディレイラーハンガーを曲げて、ロー側4段使用できなかったようですが、42Km完走されたそうです。おめでとうございました。
来年は100Kmに挑戦でしょうか?

お話を聞いていると、私も参加してみようかなぁ~なんて気分になってしまいました。

|

2006年9月22日 (金)

☆うなにマン☆登場!

Img_4966鹿屋体育大学・片山選手です。
サイン入りポスターいただきました。ありがとうございます。
早速、休憩コーナーに貼らせていただきました。

U23日本代表ヨーロッパ遠征時の1コマのようです。
イオングループの自転車コーナーに貼ってあるようです。
最寄りのジャスコに行った際には、チェックしてみてください。

日曜のオートポリスのレースでは、2位だったようです。。。惜しい!
でも、スバラシイ結果です。入賞おめでとうございました。
病み上がりだったようですが、調子はうなにのぼり?でしょうか?
レースも残り少ないようですが、良い結果がだせると良いですね!
ガンバレ!うなにマン!

|

2006年9月15日 (金)

Gary Fisher

一部機種、画像をサイドバーのマイフォトにUPしましたので、ご覧下さい。

Img_4949

Img_4947 Img_4950

|

LEMOND

07’モデルは、フルカーボンモデル(ヴィクトワール¥500000、チューリッヒ¥360000、ベルサイユ¥295000)の3タイプが登場!
Img_4939_1 Img_4940_1

|

KLEIN

07’モデルは、フルカーボンモデル(QエリートXX¥500000、QエリートXV¥360000、QエリートV¥299000)の3タイプが登場!
Img_4941_1 Img_4942_1

|

TREK

07’マドンSSLは、フレーム重量900gを下回ったようです。
Top Fuelはフレーム、スイングアームが全く新しくなり、去年のカーボンフレームに比べ250g軽量になったようです。また、07’からハイドロフォームのアルミフレームのTop Fuelも仲間入りし、去年のカーボンフレームより50gも軽いそうです。
Fuel EXもTop Fuel同様フルモデルチェンジされております。

マドンシリーズ
Img_4945 Img_4933 Img_4934 Img_4932
PILOT
Img_4922_1
EQUINOX TTX
Img_4923_1
TOP FUEL
Img_4944 Img_4938_1 Img_4937 Img_4931
FUEL EX
Img_4946 Img_4925 Img_4929


|

07モデル

各メーカー07’モデル発表されてきております。
PINARELLO Cannondale TREK KLEIN LEMOND Gary Fisher カタログ店頭でお見せできますので、ご来店くださいませ。
差し上げられるカタログはPINARELLOのみです。

|

2006年9月12日 (火)

お知らせ

※右サイドのリンクを、そのままクリックすると、同じウインドウでページが開かれてしまいます。別ウインドウでご覧になりたい方は、お手数ですが、右クリック「新しいウインドウで開く」を選択して、左クリックお願いします。

試乗車(マドン5.9/VXエッジ/トップヒューエル110/エピック等)あります。が、スタッフ所有の機種もあり、レース、練習会で使用している時は、お店にありません。試乗されたい方は、電話確認してから、ご来店ください。

在庫商品の紹介はコチラです。が、なかなか更新できません。申し訳ございません。お探しの商品がある場合は、メールか電話:0995-45-0558にて、お気軽にお問い合わせください。  

                __1            

他店お買い上げの、オートバイや自転車も喜んで修理いたします。お気軽に、ご来店ください。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年10月 »