« クロスマックスSLRディスク | トップページ | PD-7810再入荷! »

2007年2月 1日 (木)

変速不良

長い間乗っておらず、いざ乗ろうとしたら、STIレバーやラビットファイヤーがスカスカ動いて変速しない。
と言われるお客様が、たまにいらっしゃいますが、殆どが、内部のグリスが固くなって変速させるカムが動かずに、レバーを動かしても変速しない原因となっております。
簡単な対処方法としては、画像の場所と反対側にも注油できる箇所がありますので、そこから潤滑剤を注油してレバーをガチャガチャ動かしてください。固まったグリスが溶け出し変速するようになるはずです。
Img_4357
これで、動かない場合は、あきらめてご来店ください(^^)分解が必要です。
Img_5196 Img_5197 Img_5198 Img_5199 Img_5200
昨日持ち込まれた物は、分解してグリスを除去しただけでは赤丸のカムが動かず、このカムを本体から一度外して、柔らかめのグリスを塗布しなおして、カムがスムーズに動くようになりました。
ちょいと手ごわいヤツでした。
固めのグリスを使用しているシマノの旧モデルの変速レバー(ロード・MTB共)に多くみられる症状です。

MTBの変速不良が、2台連続で入庫しました。
注油しただけでは復活せず、分解作業を行い正常に動くようになりました。
Img_5367ディオーレ  Img_5377XT
ディオーレとXTだったのですが、やはりXTの方が、メンテナンス性は良いです。

|

« クロスマックスSLRディスク | トップページ | PD-7810再入荷! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロスマックスSLRディスク | トップページ | PD-7810再入荷! »