« SPDヒートフォームシステム! | トップページ | 水素力? »

2007年4月18日 (水)

さすがシマノ!

長期間乗っていなかったRSX、STIレバーと、使用頻度の多い105、STIレバーの変速不良の修理を行いました。
RSXは、グリスが固まり↓のカムが動かないためにシフトがスカスカ状態になっておりました。注油だけでは、元に戻らず、ここまでバラさないと無理でした。
Img_5607 Img_5609
続いて105(5600)
こちらは、カムを押さえるスプリングが切れた事で、シフトがスカスカになっておりました。
Img_5610 Img_5611
スプリングさえ交換すれば、正常に戻るのですが、カタログには、レバーASSYのみの記載・・・
これだけ出してくれないかと思い、シマノへ電話!
不具合内容を告げると、内部の部品の破損なので、明日、新品のレバーをを送ります。との事!
対応の良さと早さに、私のシマノに対する思いは更に↑しました(^^)
お客様には、諦めてもらうしかないかなぁ~と思っていたので、電話して良かったです。

|

« SPDヒートフォームシステム! | トップページ | 水素力? »

コメント

coba 様

注油で直って良かったですね(^^)
お役に立てたようで嬉しいです。
コメントありがとうございました。

投稿: hagi | 2009年2月 6日 (金) 19時35分

参考になりました。
RSXのSTIがリリース側がスカスカになってトップ側に落ちにくくなっていました。
以前にも同様の状況があり、そのときは完全にダメになるまで使い、シマノで修理しましたが、こちらを読んでメンテルーブをさしたら改善しました。

メインコンポが600時代のアルテグラなので7速のSTIはこれしかなく、もう修理がきかないようならWレバーに戻すしかないなと思っていました。
使っているうちにカムがへたったためと思いましたが、(動きが悪くなれば引っ掛かって動かなくなると思っていたため)動きが悪くなっているためとは思いませんでした。

ありがとうございます。

投稿: coba | 2009年2月 6日 (金) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SPDヒートフォームシステム! | トップページ | 水素力? »