« バリスタ日本一!!! | トップページ | オーバーホール »

2008年3月17日 (月)

ボントレガー・インフォームサドル

Img_6439お知らせが遅くなってしまいましたが、インフォームサドルとサドルサイザー入荷しておりました。

私もそうでしたが、自転車に乗り始め、1番先に違和感を覚えたパーツが、長時間のライディングで常に接触しているサドルでした。

確か、5個変更して現在のサドル(サンマルコ・アスピデです)に落ち着きました。
3日前から、通勤でインフォームサドルを使用開始しましたが、快適です。
良い感じで、おしりをサポートしてくれてますhappy01
ロングに行きたいのですが、入学時期過ぎるまで無理ですね。。。

お客様にも、どのサドルがお勧めですか?と、よく訪ねられますが、快適に感じていただけるであろう、パッドの厚いもの、ゲル入りのも、サドルが良くしなるものを、お勧めしております。

が、実際、御使用していただき、全員が良かったです。と言う結果にはいたりません。

かと言って、何個も購入して試すのも・・・ですよね?

そこで、現在、サドルでお悩みのお客様へ!

楽しく自転車に乗っていただきたいので、少しでも、悩み解消のお手伝いが出来ればと思いまして・・・

インフォームサドルレンタルを開始いたします!事前にご予約していただき、サドルサイザーで、お客様の骨盤の幅を測定し、それぞれの幅3タイプ(S/M/L)の中から適切なものを1週間使用して、ご返却ください。
女性用もあるのですが、未だ入荷してきておりません。

早速、昨日、Mサイズがレンタル中となりました。

ご予約お待ちしております(^^)/

販売開始から好評です。ありがとうございます。
ちなみにMサイズが多いです。

クロモリレール\6000    
ステンレスレール\14000
チタンレール\22000   欠品中でB/Oとなります。

  • 性能、デザイン、快適性。非の打ちどころのないライディング・エクスペリエンスを実現するべく、ボントレガーのコンフォートテクノロジーがこれら3つのエレメントを調合。
  • ライダーの骨盤に最も適したサドルを、用意された3つの異なる幅のサイズから選択可能。
  • サドル後方の曲線はサドルサイズによって異なり、各サイズ毎に絶妙なシートサポートを実現。
  • Inform専用に設計されたシェルは優れたサポートと快適性を約束。
  • 超軽量のボントレガーZone Densityフォームが、各エリア毎に必要とされるクッションの堅さと柔かさ具合に応じたサドル上面部を構築。
  • ライディング時に摩擦の生じやすいゾーンからグラフィックスを遠ざける設計配
  • |

    « バリスタ日本一!!! | トップページ | オーバーホール »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    « バリスタ日本一!!! | トップページ | オーバーホール »