« オーバーホール | トップページ | 棚卸 »

2008年6月27日 (金)

オーバーホール

Img_6611
Cコースの、ご依頼でしたので、いつものように、フレームからパーツをちゃきちゃき外して、最後にBBを外そうとしたら・・・
久しぶりの頑固な固着!
おりゃ~って、気合をいれたのですが、びくともしません。
ラスペネを注油し、しばらく放置。
再び、チャレンジ!
左は、なんとか回りました。が、右が・・・
Img_6613 Img_6612
腕力では、どうしても回らず・・・
自転車には、あまり使用したくないエアー工具ですが、あまり時間をとる訳にもいかないので、使用する事に。
インパクトのダイヤルを、序所に強めながら、チャレンジしたものの、MAXでもびくともしませんでした。
BB側、工具側も少々ダメージが出てきたので、お客様に連絡。
大抵、インパクトを使用すると外れるのですが。。。
今回は、強敵でした。
最終手段の投入です。
うまくいくか?ドキドキでしたが、無事外す事が出来ましたcoldsweats01
Img_6614
アルミが完全に腐食してました。
Img_6616 Img_6617 Img_6618
まずは、タップのたてなおし、ついでにフェイスカット!
Img_6619 Img_6620 Img_6622
ここからは、いつもの洗浄作業です。
一番、時間のかかる作業ですが、パーツの磨耗チェックも兼ねてますので、手抜きは、できないです。
Img_6623
当店では、新車組み立て時、オーバーホール時、腐食による固着、締め付け時の固着を防ぐために、ネジ部には、アッセンブリルーブ(フィニッシュライン)やスレッドコンパウンド(ワコーズ)を使用し、各部、使用箇所で、グリスの種類を代え、塗布しております。
見えない部分ですが、パーツの寿命や抵抗が違ってくるので、こだわってやっております。
最新のケミカルを使用し、良い物は、どんどん、ご紹介 していきたいと思いますhappy01

今回は、BBで苦戦しましたが、無事終了して良かったです。
Img_6624

|

« オーバーホール | トップページ | 棚卸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーバーホール | トップページ | 棚卸 »