講習会

2011年6月 5日 (日)

【ワークショップ】「タイヤ交換・パンク修理」講習会終了!

【ワークショップ】「タイヤ交換・パンク修理」講習会に参加して下さった皆様、本当にありがとうございました。初めての試みに行き届かない点もあったとは思いますが皆さんの御協力もあり無事に第1回目の講習会を終える事ができました。今回の講習会での問題点等を検討し今後の講習会がより良いものになるよう頑張っていきたいと思いますので次回開催の際にも是非御参加下さい。

今回参加していただいた4名の方々。それぞれ自己紹介を済ませ早速講習会の開始。先ずは車輪を外すところから。

P6040020

次にタイヤレバーを使ってタイヤを外す作業を見ていただきます。タイヤを外す際にもチューブを傷つけないように気をつけます。

P6040022

初めて使う携帯ポンプは思わず力がはいりがち。バルブの先端が折れ曲がったりしないように注意して空気を入れていきます。

P6040023

タイヤを外す時と同様、装着時もチューブが噛み込まないように注意して作業を進めていきます。

P6040024

最後は皆で記念撮影。初めての作業を無事に終えた皆さん。良い笑顔してますね!

P6040026

講習会終了後にはアンケートにも答えて頂きました。アンケートの内容を今後の講習会の参考にさせて頂きます。御協力ありがとうございました。

Photo


Photo_2

Photo_3

| | コメント (0)

2010年7月30日 (金)

BIKE FIT

7/28 BIKE FIT講習会に行ってきました。

米国BIKE FIT SYSTEMS社公認プロバイクフィッター伏見講師の講義を受けた後、フィッティング方法を教わりながら作業していきました。

P7280031

レーザー機器とBIKE FIT社の測定器による測定方法で、BIKE FITの推奨するポジションへ変更していきます。

P7280033

レーザー機器では、クリートウェッジとITS(インソールタイプ)の効果を視覚的に確認することができます。

私が、フィッティングをしていただいた結果です。

サドル高5mmアップ、2mm後退、ステム10mm延ばし、クリート位置は大幅に変更、右脚が左脚より短く右クリート間に3mmのシムを入れる。左脚は、ペダリングの円軌道による『膝』の左右のブレはなく、補正なし。右脚はブレがあり、クリートウェッジ1枚ITS(インソールタイプ)1枚入れて補正しました。

P7290001

タイムのクリート、柔らかくてボルトがめり込んでいく為、あまりクリートウェッジは使用したくないのですが、ITSの枚数を増やすと、シューズがキツくなってしまうので、対策としてワッシャーを入れてみました。

P7290002

これで、めり込んでしまったら、スピードプレイかシマノに変更します。





只今、レーザー機器のみお店にないので、準備中です。

準備が出来次第、フィッティングを開始したいと思います。

まずは、瀬戸口近代車で、自転車を御購入して頂いたお客様のみ、御予約受付開始します。

setokin0558@nifty.comへメールして下さい。

1日、1名様とさせていただきます。

先着30名様、無料でフィッティングします。

クリートウェッジ等が必要になった場合は、パーツ代のみ発生致します。

30名様のフィッティングの平均時間で、フィッテング料金を決定したいと思います。

BIKE FITの推奨するポジションを基準に、お客様と共に快適なポジションを出せれば最高ですね〜♪

よろしくお願い致します。

| | コメント (2)

2010年7月22日 (木)

2011マヴィック展示会

7/14に行ってきました。

P714004310722

詳細は後ほど・・・

残念なお知らせ

キシリウムエキップパワータップが販売中止となりました・・・

パワータップからは新製品がでました!

Photo

マヴィックリムで組んでみてはいかがでしょう?

お見積もり致しますので、お問い合わせ下さい。

宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2010年3月 4日 (木)

ジャイアント技術講習会

午前は、メカニカルディスクの初期セッテイングの仕方、油圧ディスクのブリーディング、キャリパーのオーバーホール、SID XXオーバーホール、油圧ロックアウトシステムのホースカットからブリーディングでした。

ブリーディングは、システム上エイビットのエリクサーシリーズが素早く確実に作業できます。

ヘイズ、ストローカーは、少々手間がかかります。

どちらも、手順を間違えなければ、確実にブリーディングができます。

油圧ロックアウトシステムは、32mm径のフォークに使用可能のようです。

SID32 ワイヤー式の物は、内圧に負けて、ロックが解除されない事が多々あったので、早々に交換したいですね〜

午後からは、パワーコアのベアリング脱着、スラムクランクの説明、ダブルタップレバーの分解組み立て、ZIPPホイール組み、ハブの分解組み立てでした。

パワーコアは、ベアリングを直で圧入でなく、樹脂製のカップに入ったベアリングを圧入するため、ガタや異音発生等のトラブルがない。

スラム、トラバティブクランクは、軸に段差があり、ベアリングは左右で内径が違う物になっている。

これは、横方向からベアリング全体に力を加えるのを防いでいる。

文章では、説明し難いですね・・・

ダブルタップレバーは6工程で簡単に分解組み立てが出来るので、洗浄グリスアップがまめに出来ます。

ZIPPホイールは、ハブのフランジが大きくなり、スポークは引っかけ式になってます。

ハブ軸も容易に抜けるので、フリーボディーの洗浄注油も簡単に行えます。

いざ作業の時、スムーズに行えるよう、しっかり復習しておきます。

| | コメント (0)

2009年7月10日 (金)

10’MAVIC

P1010810

R-SYS SL 画像上
リムサイドも切削加工し、ハブにカーボン/アルミフランジを採用。
1300gを切る最軽量アルミリムモデルになりました。
1295g:実測値である事を期待します。
WOとチューブラーの設定があります。

R−SYS PREMIUM 画像中
トラコンプスポークの強度が上がってます。
衝撃に対する強度5倍
ねじれに対する抵抗3.5倍

R-SYS 画像下
カラーの変更
WOのみです。

P1010811R−SYS SL 

KSYRIUM SLにカラーBLACKが追加されました。

P1010813
AKUSIUM
旧モデルより1本辺り30g軽量化されてます。

DEEMAX ULTIMATE
2000gを切る最軽量DHレーシング専用ホイールです。
軽量リム採用で、リム幅が狭くなってます。
ダブルバテットエアロスポークです。
イエローリムが戻ってきました。
12×150専用となります。
縦剛性をおとしてあります。
※従来モデルより強度が劣るようです。

P1010812
CROSSMAX ST DISC
クイック/15mmスルー兼用です。
レフティー、20mmスルー設定ありです。

P1010815
CROSSRIDE DISC 15
15mmスルーアクスル対応モデルです。

センターロック→6ボルト変換アダプターが販売されます。
以下のモデルには、センターロック仕様のホイールにインターナショナルアダプターが付属されます。
CROSSRIDE DISC インターナショナル
CROSSTRAIL DISC インターナショナル
SPEEDCITY インターナショナル

シューズのNEWモデル

ロードハイエンドモデルは、チタン製クリート取り付けプレートが採用されてます。
アヴェニール、ペロトン、シクロツール以外のモデルは、前後5mmの微調整が可能になったスライド式クリートマウントになっております。

ROADシューズ
ゼリウム アルチメイト
ヒュエズ
プロロード
ガリビエ
シクロツール
トライヘリウム
トライレース

MTBシューズ
フーリー
チャスム
アルパイン

P1010816
シクロツール
SPD対応のロードシューズです。

P1010817
プロロード

P1010818
ヒュエズ
200gを切る超軽量シューズです。

P1010819
トライヘリウム(黄)トライレース(白)

P1010820
フーリー

P1010821
チャスム

 

| | コメント (0)

2009年1月30日 (金)

GIANT 2009年 P&A展示会&テクニカルセミナー

P1280039

1/28は、GIANTのセミナーでした。
午前中みっちり受講してきました。

P1280015

ブラックボックスモーションコントロール
5段階の低速入力の制御が可能になっている。
路面追従性が高まり、高速時のフォークのバタツキが抑えられた。

マッドフラップは、二ヶ所で固定出来るようです。

P1280040

P1280041

P1280016
エリクサー
パッドコンタクト(ローターとブレーキの当たり始めるタイミング)とレバーリーチが工具なしで簡単に調整できます。

P1280034
ハマーシュミットクランク
内装変速システムです。
ISCG0.3,0.5専用モデル

P1280038

ロードコンポ
レッド
BB30対応クランク、52−36Tクランクが追加
フォース、ライバル
シフト及びブレーキのリーチアジャスト機構と、アウター側にトリム調整がついてます。

ダブルタップレバーの分解
パーツ点数が少なく、リターンスプリングをひっかける操作も不要なので、かなり簡単にレバー部のメンテナンスが出来ます。

ダブルタップシフター

P1280032
スラムロードリアディレイラー専用とスラムMTBリアディレイラー専用です。

カーボンクリンチャーホイール

P1280033
S40、S60、S80 リム高、40mm、60mm、80mmの3タイプ
前後、単品販売となっているので、お好きなリムハイトの組み合わせで選択が可能です。


ISP BIKE BAG

P1280019

P1280020
中はこんな感じで納められるようです。

TEAM GEAR BAG

P1280029

P1280030
キャスターが付いてました。

可変サドル

P1280021

P1280022

P1280023

P1280024
3段階に調整可能です。

7Barまで楽に入れる事ができました。

P1280025

P1280026
2重構造になっており、シリンダーを守ります。

私、トピークのポンプ倒してシリンダー凹ましてしまった経験ありです。
ちょこっとひっかかりがありますが、まだ使用してます。

使い勝ってを考えた良い商品が多かったですね〜♪

| | コメント (0)

MAVIC FALL&WINTER 2009

2月中旬までご予約受付中です。
よろしくお願い致します。

店頭で確認していただけるカタログございます。
お気軽にお声をかけてください。

P1270001

P1270002

P1270003

P1270004

P1270005

P1270006

P1270007

P1270008

| | コメント (0)

MAVIC ハイテックセミナー②

フリーボディ FTS-L  FTS-X ITS4
定期的なメンテナンスが容易に行える。
フリーボディー奥のリップシールの潤滑オイルがきれると、チェーンの付き回りが発生する。

スポークの組み方 ISOPULSE イソパルス
フリー側ラジアル組、反フリー側クロス組
一般的な組み方をすると、フリー側のテンションが反フリー側より高くなってしまう。
イソパルス組だと、フリー側、反フリー側のスポークテンションを均一化する事ができる。
専用ハブ、専用リムで耐久性と優れた剛性を発揮する。
汎用ハブでこの組み方を行うと、フリー側のスポークは見事にとぶらしいです。
以前、私もやってみようと思いましたが、しなくて良かったです。

Photo_2
横方向に力を加え1mm変形する重量
リムに32Hオープンプロを使用し、クロス組みしたホイール 5N以下
キシリウムSL 47N
R-SYS 57N
 
剛性と強度のバランスの取れたポイントがあり、スポークのテンションを過剰に上げると、ホイールが破損する限界は高くなるが、横剛性は下がってしまう。
このため、スポークテンションが表記されているのですね~
でも、換算表、テンションメーターが未だMAVICから販売されてません。
なので、展示ホイールをDTのメーターで測定し、テンション調整してます。
早く販売されると良いのですが・・・

空気抵抗で差の出る順
1 リム:高さ 幅 形状
2 スポーク:数、断面形状
3 ニップル:外付けニップル 内臓ニップル

剛性、慣性、抵抗のバランスが重要である。

| | コメント (0)

2009年1月29日 (木)

MAVIC ハイテックセミナー①

P1270009

1/27 11:00〜19:00過ぎまで、お勉強してきました。

MAVICが誕生した1889年〜現在に至までの経緯から、ホイールのテクノロジー、質疑応答、メンテナンス実技であっと言う間に終了でした。

アイコンで説明されているマヴィックのテクノロジー

リム素材のMAXTALマクスタル
カナダ製の6000番代のアルミ合金
この素材を螺旋状にベンディングしたのちカット

リムジョイントSUP Sode Usin Process
カットされた部材自体を溶かしながら押しつけ溶接される

P1270011
このような、通常の溶接よりも継ぎ目の強度が優れる

一般的なピンジョイント

P1270010
継ぎ目が残り、リムブレーキの場合、ブレーキ時にひっかかりが出る物もある

アイレット FORE フォードリリング
リム部に、直接タップをたててある

P1270012
高速回転したドリルを押し当て、部材を溶かしながら画像左から右のようにネジ山が成形されるようです

P1290001
断面図

リム軽量化 ISM inter spoke milling
リムの肉厚を一度測定した後、厚みによって削る量を変えながら切削加工している

ハブ QRM QRM+ Mavic High Quality Bearings
エントリーモデルからハイエンドモデルまで、真円精度の高い同じCNC加工がされている

スポーク ZICRAL ジクラル
7000番代のアルミ合金
軽量高剛性

アルミ素材6000番?7000番? 
???簡単に説明されてるWebを発見しました。
コチラをクリックしてみてください。 

つづく・・・

| | コメント (0)

2008年11月28日 (金)

カンパニョーロ2009テクニカルセミナー

へ行ってきました。

P1010015

コーラス・レコード・スーパーレコードが11Sとなりました。

10Sの互換性はなしです。

チェーン接続には、11S専用のチェーンツールが必要となります。

チェーンピンを侵入後、最後にかしめる作業が追加されてます。

2ヶ所までは、再接続が可能です。

新しいフレームの規格対応のBBカップ登場。

86.5×41 シェル幅86.5 内径φ41 ジャイアント等

68×42 BB30 シェル幅68 内径φ42 キャノンデール等

エルゴパワーは、15000キロ位で、リターンスプリングがへたり変速がきまらない症状が出だすようです。

交換する事で、新品時の性能を取り戻せます。

ウルトラクランクにセットされているベアリング同様、定期的なグリスアップをオススメ致します。

カンパニョーロのチューブレスホイールに装着する指定タイヤは、現行ではハッチンソンのみだそうです。

ハッチンソンチューブレスタイヤは、手で装着出来るが、IRCは、タイヤが固く、装着時にタイヤレバーが必要となり、タイヤレバーでリム面を傷つけてしまう可能性があり、傷をつけた事が原因で、エアー漏れをおこしタイヤが外れる危険性があるためだそうです。

IRCから、来期Newモデルが出るようです。

その後、カンパニョーロからOKがでれば指定タイヤになるのでは・・・

ワランティー(保証)について

全製品に、製造・販売年月日、生産コード、販売コード、シリアルナンバーのプリントされたシールが貼ってあり、ワランティー対応時に、必要となります。

正規代理店購入のワンオーナーに限り、4年間有効です。

スーパーレコード入荷してますsmile

Img_6830

| | コメント (0)